このページの本文へ移動

今年も、残すところ、あと数日となりました。私は今日で、一応、仕事納めです。ふりかえれば、今年は本当に忙しい1年でした。前半は、「長くつ下のピッピの世界展」の翻訳と監修に明け暮れ、同時にリンドグレーン・コレクションの『長くつ下のピッピ』の翻訳にもいそしみました。後半は、『ピッピ 船にのる』と『ピッピ 南の島へ』(来年2月初旬発売予定)がほとんど同時進行で、我ながら、よく頑張ったと思います。

ピッピばかりではありません。去年の今頃、取り組んでいたノルウェーの児童書『チャルーネ』も7月に出ました。それから、5月にスウェーデンで出版された、みやこしあきこさんの『夜のかえりみち』のスウェーデン語版の翻訳にもたずさわりました。

講演では、埼玉県の北本市、銀座ナルニア国、長野県の飯田市、東京子ども図書館にうかがいました。

来年は、年明けから、リンドグレーン・コレクションの「カッレくん」シリーズに取り組みます。「カッレくん」大好きなので、今からとてもはりきっています。

今年1年、どうもありがとうございました。みなさま、どうぞ、よいお年をお迎えください。