このページの本文へ移動

あけまして、おめでとうございます。

新年早々、仕事に励んでおります。『ピッピ 南の島へ』は再校を戻し、三校が出るのを待っているところです。

その合間に、「カッレくん」1作目の訳を試みています。「ピッピ」とは別の意味で、「カッレくん」の翻訳も楽しいです! いまの日本の子どもたちが読んで、「わっ、おもしろい!」と思ってもらえるようなシリーズに仕上げたいです。がんばります!

本年も、どうぞよろしくお願いします。